メンタルヘルス対策について従業員と会社を守る方法

mental_800

年々増加している働く人のメンタル不調、
また休職者も続出する時代。

従業員の健康と自社の経営を守るため、
組織として会社がどう対応すればよいのか?

適切な環境づくりと早期発見、
早期解決のメンタルヘルス対策を実現するため、
弊社では、未然防止研修など各種カリキュラムを提供しています。

職場でメンタルヘルスのための社内研修が行われていますが、
自らの心の健康管理の意識と、
自分自身の問題として、職場全体の問題として真剣に
受けとめられるように、

心の改築と心の健康管理が必要だと当社は考えています。

実際に頂いたご要望

社内の人間関係を良くするためにはどうしたらいいのか?
休職者、退職者もあり、今後採用の見直しと、何を基準として良い人材を選んでいいのか?
すでに組織全体でメンタルヘルスに取り組んでいるものの、なかなか思う様な効果をあげられない。
組織全体でどのようにメンタルヘルスに取り組んでいけば良いのかわからない。
メンタル不調者とどう接していいのか?家族との関わりも課題

※社長様のご要望に基づいて作成致します。

どのようにしてメンタルヘルス対策を実現するのか

メンタルヘルス問題の発生を未然に防ぐには、
本来の心のあり方、そして、セルフケアも含め職場や自分の抱えるストレスに気づき
ストレスに対する理解を深め、自分のストレスに気づき、対処する方法を知ることが大切です。


さらに、周囲のメンバーへのケアの仕方をしることで、
メンバーの視点から職場のメンタルヘルスをどう改善できるかと含めて考えることで、
働く人々の心と体の健康を、実習を通じて永続的に実現します。

詳しいメニューの詳細はこちら

弊社提供のサービスに関しては、

企業研修メニュー

講演メニュー

をご用意しております。詳細は上記ボタンよりご確認ください。

コンテンツ/メニュー一覧

side_gyoseki_500


side_mental_300


side_ayumi_500


side_kenshu_500


side_kouen_500


side_yorokobi_500


side_room_500


side_access_500


side_toiawase_500